ゴーストママ捜査線 (全6巻)

『ビッグコミックオリジナル増刊』(小学館)で2000年9月号から連載された佐藤智一先生による漫画で、2002年より単行本(ビッグコミックス)全3巻が刊行されました(2005年1月号掲載分まで計27話収録)。

2012年にテレビドラマ化され、それに合わせ『ビッグコミックオリジナル』本誌にて2012年13号から新作が集中連載されました(18号まで断続的に全4話予定)。

また、増刊掲載分の未収録作を含めた新装版が全6巻で刊行されました。

小学1年生の原平とんぼの母・蝶子は警察官でしたが、勤務中にひき逃げにあって死に、とんぼはいつまでも泣いてばかりいました。

ある日とんぼは偶然母の遺品の眼鏡を見つけ、かけてみると、クリアになった視界に死んだはずの蝶子が警察官の制服姿で現れます。

以来、とんぼは蝶子の眼鏡をかけている時だけ母を含めた霊の姿が見えるようになります。

とんぼと蝶子は未解決となっていたひき逃げの加害者を見つけ出します。

他の人には姿の見えない母の代わりに、とんぼは幽霊の振りをして加害者を(霊たちの力も借りて)自首に追い込みます。

無念を晴らして成仏するかに見えた蝶子だったが、頼りない息子を心配して相変わらず側に居続けるのでした。





0 件のコメント:

コメントを投稿

訪問者