弁護士のくず (全10巻)

井浦秀夫先生による日本の漫画作品。

『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて連載。

法律監修に弁護士の小林茂和(第一東京弁護士会)。

型破りで無茶苦茶な言動から「人間のくず」とまで呼ばれる雇われ弁護士九頭元人(くず もとひと)が、弁護士事務所に舞い込んでくる様々な依頼を引き受ける過程で、弁護士とは思えないような方法で依頼を解決する様や、依頼の裏に潜む人間模様を描いている。

はっきり言って絵はへったくそです。(井浦先生ごめんなさい。)私は、元々画力のない漫画家のまんがは読まない人間でしたが、このまんがはその画力の弱さを補って余りある程のストーリーと描写があり、はまってしまいました。



0 件のコメント:

コメントを投稿

訪問者