太郎 (全24巻)

小学館の雑誌『週刊ヤングサンデー』に1992年から1999年にかけて連載されていた細野不二彦先生のボクシング漫画。

つくし信用金庫(つく信)に勤務する金融サラリーマン、吉野太郎は勤務終了後にボクシングジムに通うプロボクサー。

かつて自らの不注意により死なせてしまったボクサー花形青児に代わり、ボクシングの世界王者になるため庫員とプロボクサーの二足の草鞋を履くうちに、次第にプロボクサーとしての能力を開花させます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

訪問者